咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

咳の予防

習慣

私たちが普段何気なくしている生活習慣にも、咳を引き起こす要因が含まれている場合があります。咳を引き起こしてしまう生活習慣を見直し、予防の習慣を取り入れましょう。咳に悩まされることが少なくなり、最終的には免疫力が高まり風邪などの病気にかかることも少なくなります。


生活習慣では、やはり朝、昼、夜の食事をキチンと取る、睡眠をしっかり取る、適度に運動するなどが基本的に気を付けたいことでしょう。近年、咳を引き起こす原因の一つとしてストレスが多くなっています。ストレスは私たちの生活から完全に消し去ってしまうことは難しいものです。


しかし、食事と睡眠、そして運動を心がけることでストレスが病気の症状を引き起こす前に少しは緩和することができるでしょう。よく遊び、気持ちを楽にすることができる趣味や活動を見つけることも、自分の体調に責任を持つために重要なことです。


煙草の害は、すでに広く知られています。喫煙は咳を慢性的に引き起こす原因となります。運動をするとすぐに息が切れてしまい、思うように生活を送れなくもなります。喫煙者で咳が慢性的に出る人は、まず禁煙をしましょう。


アルコールも咳を引き起こす身体を作ってしまう原因になります。アルコールを摂取すると、体内にはアセトアルデヒドという物質ができ、気道を収縮させます。その結果咳が出ます。日本人はアセトアルデヒトの分解がしにくい体質だと言われます。禁酒をすることは難しいことですが、お酒の量を減らしたりして調節しましょう。