咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

咳の予防

食物

咳は細菌やウィルスが身体に入って出る場合、外部から刺激物が入りでる場合があります。 身体の基礎体力を上げて、代謝を良くして、ウィルスなどに負けない身体を作ることが咳のみではなく、あらゆる病気にならないために大切です。


身近な食べ物でも体調を整え、気管支を鍛え、そして守る役目をしてくれるものがあります。特に生姜は、身体を温め、胃腸機能の低下を防止することができます。日頃の食生活の中にも生姜を取り入れることによってウィルスに負けない身体を作ることができます。


またパイナップルには抗ヒスタミン作用があるといわれます。気管支炎の時になどに生のパイナップルを食べると気管支の緊張を和らげることができるといわれます。抗ヒスタミン作用がある食物を普段から食べることで、アレルギーを抑える、また喘息の発作を抑えることができます。


子供の場合は、肉食中心の生活から魚や野菜中心の生活に変えることで、小児ぜんそくのリスクを減らせるという研究結果も出ています。喘息を発症してしまった場合には、とても冷たいものや、辛いものなど気管支を刺激するような食べ物を取らないようにすることが大切です。


気管支を刺激することで、喘息の発作を引き起こしやすくなるからです。また、灰汁の強い食べ物も気管支の粘膜を刺激しやすい食物で、注意が必要です。山芋やタケノコ、ナスなどは特に灰汁が強く、多量に食べると気管支に負担をかけてしまいます。食べることで必ず発作が起こるというものではありませんが、発作を引き起こしやすい食べ物として頭に入れておくといいでしょう。