咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

長引く咳を伴う主な病気

肺炎

風邪の症状から始まり長引く咳の原因として、自分は肺炎じゃないか?と思う人もいるでしょう。肺炎は人から人にうつる病気として知られています。ここでは肺炎の基礎知識を紹介します。


肺炎は病原菌に感染することで肺に炎症がおこる病気です。ウィルスや菌などが肺を冒す真菌性肺炎、細菌性肺炎やウィルス性肺炎など感染性の肺炎と、薬剤などによって発症する非感染性の肺炎があります。私たちが係る多くの肺炎は感染性の肺炎です。


感染性の肺炎は人の口や唾液、空気などで感染します。特に身体が弱っている時に、肺炎を起こす病原菌を吸いこんでしまうと、病原菌が肺まで達していまい発症します。お年寄りや子供など身体が弱い人は特に注意しなければならない病気です。


感染して発症すると、ゼーゼーとした苦しい咳を始め発熱や悪寒など様々な症状がでます。咳は特に夜中に激しくなることがあります。発熱のために脱水症状や呼吸困難を起こす場合もあります。


風邪の症状の延長として考え発見が遅くなってしまう場合がありますが、医療機関はX線検査を行うとすぐに診断がつく病気です。幼児やお年寄りなどは特に咳の症状よりも他の症状が強いなど素人では判断がつきにくい場合がありますので、症状が酷くなる前に医療機関で検査を受けることがとても重要です。医療機関では、ウィルスに対して抗生物質や対処療法として鎮咳剤や痰をさらさらにする薬などが処方されます。治療で一番大切なのは安静にして身体の回復を一刻でも早めることです。