咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

長引く咳を伴う主な病気

気管支炎

風邪をひいて咳が出ると思った時に病院に行くと医師からは気管支炎と言われたことがあるでしょうか。気管支炎は気管支が炎症を起こした状態をいいます。年単位の長い期間続く咳でない場合、それは急性気管支炎の事を指します。


気管支炎は慢性と急性に分けられます。慢性気管支炎は慢性という名の通り、咳の症状が3年間以上連続して起こり、しかも3カ月以上継続する場合のことを言います。アレルギー素因などの内的要因や、大気汚染によって引き起こされる外的要因があります。


喫煙によっておこされる場合が多いと言われています。寒い時期に症状が悪化する場合があります。長引く症状ですので自分の要因をよく知り、医療機関で適切な治療を行うことが大切です。


急性気管支炎は、気管支が急に炎症を起こした状態で症状が現れるものをいいます。多くの場合、風邪によって引き起こされます。激しい咳によって、胸の痛みが出る場合もあります。発熱や頭痛、食欲不振を伴うことも多くあります。急性気管支炎はウィルス感染によるものが一番多く、続いてマイコプラズマや他の細菌などの感染で引き起こされる場合もあります。


マイコプラズマや細菌に感染し気管支炎が起こった場合、肺炎や百日咳である場合もあります。医療機関では去痰剤や咳をおさめる薬、ウィルス感染の場合は抗生物質などが処方される場合があります。安静にし、医療機関から処方された薬をきちんと飲むようにしましょう。適切な治療をすれば一週間程度で快方に向かい身体が楽になる場合が多いでしょう。