咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

咳のメカニズム

なぜ咳が出るのか

咳が出る原因は様々です。なぜ咳は出るのかという根本的なことを考えてみましょう。咳の原因はウィルスや菌、または煙草の煙などがありますが、咳が引き起こされるメカニズムそのものは極めて単純なものです。


咳は基本的に、体の中に入った異物に対して体が反応して引き起こされる現象だからです。ここでは咳が引き起こされる基本的なメカニズムを紹介します。


とても寒い日に温かい部屋から寒い屋外に出た時に、冷たい空気を突然吸い込んでしまい、咳が出たことはありませんか?また、煙草や焚火の煙を吸い込んでしまった時などに咳が出た経験はありますか?


これは、私たちの身体の反射によって起こっている咳です。取り込んでしまった異物に対して、身体が咳を引き起こすことで体の外にその異物を排出しようとしているのです。風邪やインフルエンザなどウィルスや菌による病気の時に引き起こされる咳でも基本的には同じメカニズムで咳は起こります。


私たちの身体は、咳を引き起こすことで内側から空気を気道に勢いよく出し、2つのことを行っています。一つはその勢いによって気道を広げ呼吸が出来るようにすること、そしてもう一つは体内に入ったウィルスなどを空気の勢いによって体外に排出しているのです。最初のひとつ目は身体の反射の働き、そしてふたつ目の働きは免疫機能によるものです。 コホンッと一回で終わる咳、何週間も継続的におこる咳など表れ方は様々ですが、咳は私たちの身体が自分自身を守ろうとしている証拠なのです。