咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

咳の豆知識

咳エチケット

咳エチケットという言葉を聞いたことがありますか。咳エチケットは2007年の新型インフルエンザの流行を契機に広まった言葉です。マスクをすることで、ウィルスの拡散を防ぎましょうという呼びかけです。


私たちの生活では他人と密着することが多くあり、避けられないものです。バスや電車の中、オフィスなどで咳をしている人の近くには行きたくないなと思うのは当然でしょう。インフルエンザや風邪などのウィルスは空気や飛沫によって拡散されていき、感染します。


口を塞がないままで咳をすると2メートルから3メートルに渡って飛沫が飛び散ります。バスや電車の中では、この距離は避けがたいものです。感染性の病気にかかった場合にはもちろん、咳やくしゃみの症状がある場合には周囲に対する気配りとして、咳エチケットを心がけましょう。


咳エチケットの一番重要な点は、ウィルスを拡散させないことです。具体的には、咳をする場合にはティッシュなどで口を覆う、マスクを着用することです。ティッシュで口を抑えた場合には、そのティッシュをふた付きのゴミ箱に捨てることも大切です。


また、手をできる限り清潔に保つことも大切です。咳をする時に手で口を覆った場合などには特に、手洗いを欠かさずにしましょう。ウィルスが付いている手で、さまざまな場所を触ってしまうことで他の人にウィルスを感染させる可能性があるからです。携帯できる除菌ジェルなども数多く売られています。周囲の人のことを考え、自分でウィルス拡散を防ぐように心かけましょう。