咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

子供の咳

気を付けたい子供の咳

子供が咳をしている姿をみるのは大人として辛いですよね。また、自分の症状を的確に言葉で伝えられない乳児や幼児の場合には、周囲の大人がよく観察して適切な対応をするのが欠かせません。そのためにも、咳に対する知識を日頃から身につけておくと安心ですね。


子供には大人も患う病気と子供の年齢によってかかる特有の病気があります。細気管支炎は、乳幼児(一歳未満)がかかります。6ヶ月未満の乳幼児の発症率が一番高く、発症の季節は冬といわれます。細気管支炎は下気道へのウィルス感染が原因でおこります。


ウィルスにより細気管支が閉塞すると、正常な呼吸が困難となります。息を吐くときにヒューヒューやゼイゼイなどの音がする(呼気性喘鳴)、また呼吸困難になります。はじめは鼻水やくしゃみなどがあらわれますが、次第に呼吸困難を伴う激しい咳や音を伴う呼吸が出始めます。呼吸が満足にできないことら、意識障害がおこったり、チアノーゼをおこしたりする場合もあります。


また子供のかかりやすい病気としては、クループ症候群という病気があります。この病気は声帯にウィルスや菌が感染し気道の粘膜が腫れてしまう病気です。子供が突然咳をしはじめた場合はこの病気を疑いましょう。


この病気の場合の咳は、犬の鳴き声のような咳、オットセイの様な咳などといいあらわされます。ケンケン、コンコンなどとも言われます。突然呼吸が苦しくなり、時には発熱も伴います。声帯は突然腫れてきますので、周りの大人が注意して観察する必要があります。