咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

咳の主な原因

ストレス

日頃から、自分でストレスが溜まっているなぁと思うことはないでしょうか。自分で自覚がある人も自覚がない人でもストレスは知らないうちに蓄積されてしまうものです。ストレスとは私たちの身体が受ける外部からの刺激、そしてその刺激によって身体に起こる反応のことを言います。


完熟したトマトに指を入れた時、トマトはへこんでしまい元の状態には戻らなくなってしまいますよね。私たちの身体もストレスを多く受けると、完熟トマトの様に元の通常の状態に戻らなくなり、なんらかの異常が現れます。ストレスによって引き起こされる様々な症状の中には、咳もあります。


咳が辛く、医療機関で様々な検査をしたにも関わらず原因が分からない場合があります。この様な時は、心因性のものかもしれないと疑ってみてもいいかもしれません。極度の緊張をした時に咳がでる、また日中は激しく咳が出るが夜には咳は出ないなどの症状がある人は、心因性である可能性が高いといわれます。


心因性の咳の場合、一番の治療法はストレスの原因を取り除くことです。しかし、ストレスの原因を取り除くのは簡単にはいきません。私たちの身体は、自分が苦しい状態にある時はもちろん、楽しい時にでもストレスを感じているからです。状況や気温の変化などでさえストレスの原因となりえます。


楽しい旅行をしている時ですら私たちの身体はストレスにさらされているのです。心因性の咳が止まらない場合は、医療機関で正しい治療法を仰ぎ、日常生活のリズムを整え、適度な運動をしてストレス解消をすることが大切です。