咳は身体の注意警報 咳の症状と身体の健康

咳の主な原因

ウィルス/細菌

病気の原因は様々です。特に咳は内科に行ったらいいのか、耳鼻科に行ったらいいのかと悩んだりするものです。ここでは多くの咳の原因となっている病気を引き起こすウィルスや細菌について紹介します。自分の咳の原因についての理解を深めて、早めの対処をしましょう。


咳を引き起こす大本となる代表的なものとして、ウィルスや細菌があります。いろんなウィルスや細菌に感染することで、様々な病気が引き起こされます。その症状のひとつとして咳が出ます。ウィルス感染によって引き起こされる病気で代表的なのは、風邪でしょう。


風邪はほとんどの人が経験する病気です。主に、空気感染や接触感染でウィルスが人から人にうつります。身体が特に弱っている時などは、感染しやすく、熱が出るなど鼻水や頭痛などの辛い症状が出ます。


風邪のウィルスによって咳が出る場合は、その病名は急性気管支炎と呼ばれます。急性気管支炎は、気管支がウィルスによって炎症を起こした場合をいいます。抗生物質や鎮咳薬などの適切な薬を用いることで、通常は風邪の様々な症状と共に気管支炎も治り咳も止まります。


細菌感染はマイコプラズマ菌などに代表される様な細菌性の肺炎や、百日咳菌などによる百日咳があります。肺炎は菌が肺まで達して、肺を冒す病気です。激しい咳が出て、体力を奪います。また、百日咳も菌に感染して発症します。どちらの場合も、適切な処方箋とともに安静にして体力を回復させることが重要です。 ウィルスにせよ細菌にせよ人から人へうつる感染性の病気は、日頃の手洗いや生活習慣などの自己管理が大切になります。また発症した場合は、マスクをするなど周りの人への配慮がかかせません。